スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

候補馬の選択方法について 

今日の競馬は、アドマイヤメインが勝ったのはまあしゃあないが、
テューダーローズは着外だの、
グランオマージュはまたも3着だのと
最悪の結果。気分は全く乗りません。
これで来期もアドマイヤ祭りになること間違いないでしょうね。
ところで、皆さん、指名馬リストを作る際に重要視する項目はなんですか?

血統?馬体?ライン?来月あたりから発売されるPOG関係の雑誌や書籍のオススメ?はたまた、ネットの掲示板や有料情報のオススメ馬?

それぞれ思うところを書いていきましょうか。
○血統
私は勉強不足なので、正直言ってこれにこの手法によるリストアップは行っていません。
といっても母父×父くらいは調べますが。

この方法の最大のメリットは、
今でも分かる血統登録情報だけで、セレクトできる点ですね。
多分今の時期にドラフトをやったら、血統派は独壇場でしょう。
あと、早熟血統の判断もできるのでPOGには有利かと。

ネックは、これだけに頼ると、指名した馬が、
トンでもない厩舎の所属だったり、
最悪競走馬すらならないということがあり得ること。

あと、血統は奥深い概念であるゆえに、
奥が深すぎて初心者には手を出しずらいのもちとネック。
でも、血統だけで誰も存在を知らない馬を指名して、
それが走ったりしたら嬉しいだろうなぁ。と日々妄想してしまいますw

○馬体
馬体写真から判断して、指名馬を選ぶ方法ですね。

メリットは、会得すれば写真を見ただけでおおよその能力が分かるというすごさ。
ここまでくると柳生新陰流始祖柳生石舟斎のような凄さがあります。

デメリットは、素人が会得するには時間がかかること。
センスもあるのでしょうが、馬体を見るのは難しいっす。
私もこれは、未勝利馬だな、くらいは分かりますが、
恥ずかしい話、1勝馬と重賞馬の違いをイマイチ分かっていっす。

最近は、青本や北野ゼミ POG徹底講座等で、馬体の見方などがのっていますので
勉強する方法も、初心者に分かりやすくなってきました。

馬体写真だけで指名できたら、カッコいいが、ほとんどの方が、
POGドラフト前に指名馬のリストアップをするので、勉強する時間は少ないかも。

一口馬主をやられている方は、これで出資馬を選定していらっしゃると思うので、
この手法による指名馬選択は有利かと思います。

会得するのは大変そうですが、一度会得すれば、無敵に思える馬体派ですが、
最大の盲点があります。
「写真が出回らない馬は指名できない。」ということ。
こればっかりは、自分ではどうしようもないことですから、
運任せになるんでしょうね。

○ライン
ここ2,3年で注目されてきたライン指名。
例えば、
「ノーザンF生産馬で、馬主は金子真人、厩舎は松田国英の馬」
を指名すると走る確立が格段と高い。
というようなことですね。
SS全盛期だった頃は、とりあえず、よい馬主やよい厩舎のSS産駒を調べて
指名すれば、全敗する可能性が低かったのですが、
SS亡き次期ドラフトにはかなり有効な手段と言えます。

メリットは、初心者にもものすごーーーく分かりやすい手法だということ。
ラインがよく分からないよ、という方でも、そのラインは青本などで出てますでの、
それに沿って指名馬を選択すれば、良いでしょう。

デメリットは、ライン指名誰でも分かりやすいため、
必然的に優良なラインの馬は、人気が高くなってしまう。
よって確保するのが大変。
あとは、ライン指名派は、事前に分かりにくい個人馬主の馬の所属厩舎を
調べるのもちと苦労する点ですかねぇ。
ラインに拘ると、途中で転厩したら目も当てられないケース
(今年のコスモマリアージュちゃんがいい例かもしれませんね。)
もあり、リスクもありますが、当たる可能性があり、万人受けしやすいのもあり
今後も更にこの手法により指名する人が増えるでしょう。
雑誌等に載らないラインが独自に見つけられれば、競合のリスクは回避できるので
調べてみるのもいいかもしれません。
でも、とっても大変ですよ。
経験者が言うから間違いありません。

○POG関連の雑誌や書籍のオススメ
一昔前の書籍等は、馬体写真が少なく、
記者のオススメや生産者のオススメ等がメインでしたが、
ここ3,4年くらいから馬体写真が多く掲載されるようになりました。
黒本と赤本はともに写真の多さを競ってますよね。
まあ、青本は、写真プラスαの要素が入ってましたが。
そこに書いてあるオススメの通りに指名してみれば、
当たる可能性もあるし、当たらない可能性もある。
生産者や関係者のコメントは話半分以下ですしねぇ。

確実性はそんなになく、
他のライバルもその情報は手に入れているし、
なにより、情報が古い。
オススメ馬を指名してみたら、繁殖に上がっていたり、
競走馬としてデビューは不可能な状態になったなんてこともよくあります。
オススメ馬を鵜呑みにして指名するのにはリスクがあると思います。

私は馬体写真を見るためといいつつ、本当は、精神安定剤として購入を続けていますが
これらの書籍って結構金かかるんですよね。
候補馬をチョイスする際の参考資料程度と考えたほうがいいかもしれません。

最後のネット関連情報については、
言いたいことが多々あるので、次回にします。

↓応援してくださる方1日1回クリックお願いします<(_ _)>


スポンサーサイト

[2006/03/25 23:02] POG考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pogzarego.blog59.fc2.com/tb.php/4-ac552876










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。