スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セレクトセール出身馬って走るの? 

※旧blog記事の転載です。(2006/2/7の記事です。)


走ります。馬ですから。

というベタな回答はさておき、
セレクトセールの取引馬が活躍するかどうか調べてみました。
以前にセレクトセール高額取引馬が走るかどうかを書いた記事の宿題ですね。

日本競走馬協会のHPでも、取引馬の戦歴は調べられるのですが、
今一使い勝ってが悪いので、独自に調べて集計した結果です。
なお、集計期間は、2000年から2006年の2月6日までで、JRA馬名登録した馬を対象として集計しました。

まず、年度毎の取引実績及び出走率等です。


2003年はまだ出走してない馬が多いので低い数字が出ていますが、
最近は、8割以上が血統登録し、そのうち5割以上が勝ち上がっていますんで、
単純計算して、80%×50%=40%
セレクトセール馬だけランダムに10頭選べば4頭が1勝はしてくれる計算です。
まあ、生涯成績なんで、POG期間はもっと落ちますが。

そんでもって、落札額別の頭数は以下のとおり。


1001万円以上5000万円以下で取引された馬が上場馬全体の47%
取引成立した馬では70%以上となります。
高額な馬は、ごく少数ですね。

気になる取引額別の成績ですが、いちいち記載したらとんでもない表になるので、
取引額別の平均勝ち数及び平均獲得賞金を表にしてみました。



各年度の集計期間が違うので、年とるほど、賞金や勝ち数は多くなりますし、
2000年のアドマイヤグーヴや2002年のディープインパクトなど、1頭がとんでもない活躍をすると
平均が当然押し上げますね。

あくまで平均だけの比較なんですが、意外と高額取引馬が走っています。
ねらい目は2億円~5000万円で取引された馬で血統登録された馬ですな。

が、2003年のセレクトセール出身馬には今のところ当てはまらない。

フサイチリシャール(取引額9900万円)獲得賞金13110万円
アドマイヤムーン(取引額1600万円)獲得賞金11000万円
モエレジーニアス(取引額2650万円)獲得賞金5600万円
アドマイヤカリブ(取引額5000万円)獲得賞金4160万円
フサイチジャンク(取引額33000万円)獲得賞金3600万円
ダイアモンドヘッド(取引額8900万円)獲得賞金2800万円
フサイチパンドラ(取引額8700万円)獲得賞金2380万円
ダイワティグリス(取引額1450万円)獲得賞金2300万円
クリノスペシャル(取引額1550万円)獲得賞金1855万円
※赤字は5000万未満で取引された馬

先日共同通信杯を制したアドマイヤムーンは1600万円で取引されてるんですよねぇ。
まだ、クラシックが始まっていないので、2003年取引馬の成績はどんどん変わっていきます。
傾向がはっきりしてきたら、アップしようかな。
あ、そのころはドラフト対策でそれどころではないな。
↓応援してくださる方1日1回クリックお願いします<(_ _)>

人気ブログランキング・ランブロ
スポンサーサイト

[2006/04/16 23:16] POG対策(2006 - 2007) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pogzarego.blog59.fc2.com/tb.php/61-cee0db6e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。