スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

来期新種牡馬vol.3-ゼンノエルシド 

未だ破られない芝マイルの日本レコードホルダー。
いや、5本の脚で走る馬の方が有名ですね(^^ゞ
※vol.3までは旧blogの転載です。
父Caerleon
母エンブラ(G1-GBチェヴァリーパークS勝ち含む4勝)
母父Dominion
1997年生
競争成績 国内:17戦6勝、海外1戦0勝
マイルチャンピオンシップ(G1)、京成杯オータムH(G3)

Caerleon自身は、フランスダービー馬で、
英愛ダービー馬 Generousを輩出していることから
クラシックディスンタンスが得意と思いきや、

どうも日本で走る馬はシンコウラブリイ、ビワハイジ、エルウェーウィンなどマイラーから中距離馬が多いっす。
まあ、フサイチコンコルドみたいな例外もいますが。

ゼンノエルシドは、母父Dominionの影響が相乗効果されたのか、
芝16の日本レコードホルダーとしてその名を留めています。

自身は、新馬勝ちしたが、本格化は4歳になってからで、
早熟とは言えません。

マイル戦の日本レコードホルダーはPOG的に○
カーリアンの後継種牡馬が日本ではからっきしダメなのが気になります。

クロスは特になし。

今年の産駒の母の名前をみると
グローリーシャルマン
エイシンアイノウタ (エイシンアモーレ母)
ぐらいと寂しい限り。

頭数の割りには質は、マリエンバードの方が数段上です。

エイシンアイノウタ04あたりが狙い目かな。
同馬は、国枝厩舎に入厩する予定らしいっす。

↓応援してくださる方1日1回クリックお願いします<(_ _)>

スポンサーサイト

[2006/03/26 22:31] POG対策(2006 - 2007) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pogzarego.blog59.fc2.com/tb.php/8-8173075b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。